介護福祉士に最短で合格しよう!最も必要な対策と知るべき仕事内容

当サイトは、「これから介護福祉士を目指そうとしている人」へ、様々な情報を発信しています。

今、日本で一番必要とされる人は「介護のできる人」です。
それというのも、急激に進んだ高齢化社会のため、老老介護が当たり前になっているからです。
老老介護とは、「老人が老人の介護をする」ことです。
ですが、老老介護だと、いつかは限界になってしまうことは、明らかです。
実際、介護疲れによる無理心中や自殺のニュースが耐えません…。
でも、それが、今の日本の現状なのです!

では、どのようにしたら、そのような悲惨なニュースを日本から減らすことができるのか?
それは、「介護のスペシャリスト」が、介護をしている人をサポートすることです!
その「介護のスペシャリスト」が「介護福祉士」なのです!

介護福祉士になるためには、国家試験に合格しなければなりません。
当サイトでは、介護福祉士になるために必要な情報を、一つのサイトにまとめました!

介護福祉士という仕事はどんなことをするの?
介護福祉士の給料や休みなど、労働条件はどうなの?
介護福祉士になりたいけれど、どういうステップでなればいいの?
介護福祉士って、誰でも受験することができるの?
介護福祉士に合格するには、どうしたらいいの?

介護福祉士の国家試験は、意外と複雑なので、できるだけ簡単に、わかりやすくまとめたつもりです。

カテゴリー別に高血圧について調べる

今、日本は急速に高齢化社会が進んでいます。その結果介護の担い手が減少し、「介護の仕事」が必要になってきました。そこで「介護福祉士」という国家資格が誕生しました。

介護福祉士と働くことは、とてもやりがいのあることです。しかし、介護福祉士の仕事内容は重労働です。ある程度の年齢になると、現場で働くのが辛くなる時期が、きっと来ます。

介護福祉士を目指すルートの一つに、大学に通学するという方法があります。ただし、介護福祉士になれる大学というのは、どんな大学でも良いわけではありません。

平成27年(第28回)までは、介護福祉士養成施設を卒業すれば、国家試験を受験しなくても介護福祉士になれました。しかし、平成27年(第28回)以降は、

介護福祉士の資格を取得したい!仕事をしているから、介護福祉士通信講座で、介護福祉士の受験対策をしたい!けれど、どの通信講座を受ければいいの?